HOME>特集>矯正準備や各歯科医院の申込みからの流れを知る

矯正の準備で歯の治療は重要

口元

東京の歯科医院でインビザラインによって矯正を進める時に、最も重要な準備として他の歯の病気を改善しなければなりません。マウスピースで治療を進めるため、内部に雑菌が入りダメージが入るためです。虫歯や歯周病が見つかった時には、インビザラインを行う際に使うマウスピースを装着する前に治療を行います。東京の歯科医院の多くは抜歯を行わず、虫歯を埋めたり歯磨きの指導も行いながら時間を変えて治療を進めていきます。

申込みから治療方針を決めるまで

診療室

申込みは東京都内の各歯科医院に電話で行うケースが多いですが、矯正に関する事前確認からスタートします。医師が歯並びをチェックしながら治療を行う期間や、どのくらい費用がかかるか目安を伝えます。ここでインビザラインについて疑問や不安な点を相談しておくといいでしょう。その後レントゲン写真や歯の状態を歯茎も併せて確認を行っていきますが、ここから治療方針を細かく決めていくことになります。

歯型取得後にマウスピースを作る

カウンセリングを実施してから検査を行って方針を決めたあと、歯型を取得してマウスピースを作ります。東京都内のインビザラインを提供する歯科医院では、平均で約2ヶ月程度の期間がかかります。その後虫歯などがあれば治療を行い、本格的なインビザラインによる矯正を進めます。

定期チェックやアフターケアも重要

マウスピースを装着して矯正を進めながら、東京都内の歯科医院へ定期的に通います。本当にインビザラインによる治療が効果を発揮しているか、少なくとも2ヶ月に1回程度通うことになるので注意しなければなりません。インビザラインで治療を進めながらアタッチメントを付けることもありますが、各個人で異なるので検査を受けて決めていきます。治療は2年近くかかりますが、後戻りしないようにリターナーを装着することもあります。アフターケアの期間も各個人で異なるので、診察を受けながら判断するようにしましょう。

広告募集中